社長挨拶

当社は、昭和39年6月に砕石業を開始以来、技術と信用をモットーに砕石を生産、供給してまいりました。砕石は、電気やガスなどのエネルギーと同様、現代社会には欠かせないものです。一般道路・高速道路・建物基礎・グラウンド・公園・線路道床など、いたるところすべてに砕石は使われています。目につかない存在ながら、快適で便利な生活の基礎となる砕石。当社は、その専門メーカーとして群馬県を中心に、埼玉県・栃木県等に供給しています。また、平成20年4月からは産業廃棄物中間処理業の許可を得て木くず中間処理施設「太田リサイクルセンター」を設立し、建設廃材等の処分をすると同時に、リサイクル材の生産を開始致しました。今後は、砕石業と産業廃棄物処理業の連携を計りながら、お客様の多様なニーズに応えて行きたいと考えております。今後ともご支援とご鞭撻を賜ります様お願い申し上げます。

代表取締役  
    山野井 清朗  

経営理念

会社一体となり、よりよい社会を創造する為に建設資材の生産とリサイクル事業に取り組み、社業の成長、発展を通じて、地元社会の進捗、向上に貢献する。

ロゴの由来

当社のロゴは水と緑をイメージしており、Mの中に山、iの頭を葉っぱの形にすることで、
当社の主力事業である砕石事業、リサイクル事業を表しています。

団結のシンボル

 

弊社のヘルメット、重機、車輌、プラントにはこのマークが記されています。
事業が成功する為にはまず、働く人たちの和が大切である。
働く人たちの家庭にも和がなければならない。内も外も和を持ってまとまれば、
どんな難局も乗り切ることが出来る。
弊社のルーツとなる会社が発足した昭和14年に揚げた社是です
以来、事業拡張に伴い業種は多岐に渉っていますが、この精神を現在まで引継ぎ、
このマークは、会社全体の団結のシンボルとなってます。